FC2ブログ

和歌山市で障がい者がいろんな方の手助けを借りながら、基本的には月に1回、イベント(ショッピング・野外活動など)を行っています。その様子や一緒に活動している事務所の様子です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和遊協のの助成金の贈呈式&感謝状に参加して


 8月下旬に社会福祉法人和遊協社会福祉事業協力会へ助成品を申請したところ、パソコンを頂くことになりました。
10月15日(木)に和歌山市にあるホテルアバローム紀の国で午後2時から開催された贈呈式に、中出代表夫妻と息子の健志さん、スタッフの妹背・遠藤の5名で出席しました。会場内は200名ぐらいの人で、あらためて、和歌山県の団体のすごさに驚きました。
和遊協理事長による開会の挨拶の後、設立25周年記念品(軽自動車)を3施設に、第25回助成品を30施設に贈呈されました。
 記念品の贈呈に続いて、助成品は3グループに分かれて1施設ごとに目録が渡されました。ハッピーボックスは、2グループで遠藤が代表で受け取りました。その後、協力金を拠出した89社に感謝状が贈呈されました。

 
 和遊協A    和遊協C


 来賓の祝辞が終わり、15分ほどの休憩の後、近鉄バッファローズや北海道日本ハムファイターズの元監督で、プロ野球解説者の梨田昌利氏による記念講演。「梨田流コミュニケーション術」と題して、幼少期のお話しや現役、ピッチャーとしてのお話し、監督時代のお話し等を交えながら挨拶の大切さや尊敬する人を作り、ライバルとの出会いも大切にするといったお話を約1時間にわたって身振りや、客席から人を呼んで実践的な?お話しをしてくださいました。

和遊協B


 最後は、梨田氏のサインボールと色紙の抽選会。10コずつあったのに、ハッピーボックスの5名は誰も貰えませんでした(-_-;)
 今後は事務的なものだけでなく、ハッピーボックスの皆様のためになる物品も申請しようとがんばります(^^♪
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。